EIGHTH(エイス)

河内和泉先生の作品です。前の作品「機工魔術士-enchanter-」からずっとファンで読み続けています。先生の作品はギャグありお色気あり前向き発言ありその分野の詳細な説明ありで、ついつい読みいってしまいます。

キャラがみんな魅力的すぎる!普段はおっぱい大好き(おしりも)な主人公(ナオヤ)がエイスという研究所の警備をする中で、成長していく様子を描いています。ナオヤ自体もゆるゆるしているようですが、とても芯の通った一生懸命で素直で真面目なヘタレで、みているとつい応援したくなっちゃうんです。他の子たちも賢くて優しくて強い子ばかりです。

ちなみにこの作品の中に天王寺りお先生(8歳です!)という天才の先生がいますが、先生の専攻はipsで、りおが作中でipsについて説明してくれるのですがそれがまた、わかりやすい!休学中の女子高生ヒカル(パパがお医者様で再生医療のためEIGHTHに勤務)がインフルエンザについて説明しますが、これもわかりやすい!とても勉強になる漫画です。

絵もきれい!アクションもありますが絵が丁寧で感心しちゃいます。仕事に煮詰まったときによく読んで、前向きな気持ちをもらっています。キャラがいう言葉に非常に共感してしまうのです。

セルシア(時間を早送りできる能力を持つ女の子)が、いろんな人から助けてもらっていたことを自覚し、自分で何もしていなかったことに気づき、前を向いたときの「私をずっと助けてくれた人がいたのに、私は逃げてめちゃくちゃにしたんだ。つなげなくては。次はきっと、私の番。」これ大好きです!

好きなキャラはヒカルとメルクーリオ(エンチャンター)、カコたん(エンチャンター)ですが。おおげさですが、この人の本は私のバイブルです。(笑)おすすめ⇒姉はヤンママ授乳中in熱海/エンガワ卓とチンジャオ娘のエロ漫画

コメントは受け付けていません。